引っ越し 荷造り 手順

引っ越し 荷造り 手順

引っ越しをするとなるといろいろ考えなければならないことも、準備をしなければならないこともたくさんありますよね。

 

まずは引越し業者を決めなくてはいけませんが、たくさんある業者から決めるのはなかなか大変です。
そこで便利なのが一括見積もりサービスです。
中でも引越し侍というサイトは190社以上の業者から最大10社まで無料で見積もりできるのでおすすめです。

 

手続きの問題でも同じことが言えますが、特に面倒な作業とも言えるのが荷造りです。

 

荷造りさえなければ引っ越しは楽しいものなんだけど…と考えている人もいるかもしれません。
荷造りを適当に済ませてしまうと、引っ越したあとが大変なので、
荷造りの手順について理解しておきましょう。

 

事前に必要な物を用意しておく

必要な段ボールなどは、事前にまとめて用意しておいたほうがいいですね。
スーパーなどで無料でもらえる段ボールもあるので、無料で用意しておくのがおすすめです。

 

季節ものから片付ける

荷造りの手順として基本となるのが、季節物から片付けていくということです。
夏の時季に引っ越しをするのであれば、冬のものは早めに荷造りしてしまっていいですよね。
服だけでなく、ブーツやストーブ、加湿器なども荷造りしておいて大丈夫です。
スノースポーツをする人の場合、スノーボードやスキー用具などもしまっておいていいです。

 

逆に、冬場の時季に引っ越しをするということであれば、夏場にしか使わない扇風機や窓用エアコン、
水着なども梱包してしまうといいですね。

 

使うもの、使わないものを選別する

次に、ほとんど使う予定がないものを荷造りしましょう。
例えば、細かい文房具類や余っているクッションなども荷造りしてしまったほうが楽です。

 

それから、それなりに使うもの、頻繁に使うもの、毎日でも使うものとわけていきましょう。
この時、どの段ボールに何が入っているのかをしっかりメモしておくのが理想です。

 

荷造りは余裕をもって計画する

荷造りは引っ越し前日までに終えればいい、引っ越し業者が来るまでに終わらせておけばいいと思っている人もいるかもしれませんが、実はそれでは間に合わない場合が多いということを理解しておきましょう。

 

荷造りなんて簡単に終わると思っている人は要注意です。
できるだけ余裕を持って荷造りを終えたいと思っているのであれば、遅くとも2週間以上前から荷造りを始めておいたほうがいいです。

 

中には、前日までに終わればいいと思っていたものの、前日の夜になってから段ボールなどの梱包材量が足りなくなってしまったと焦ってしまうケースもあるようです。

 

引越し先の搬入場所ごとに荷物をまとめる

家族で引っ越しをする場合、リビングのものはまとめてリビング用の段ボールに、子供部屋のものは子供部屋用の段ボールに、という形で、まとめて荷造りをするのが基本です。

 

当日に荷造りをするものとして挙げられるのは、段ボール1つに収められるような量で抑えておきたいですね。

 

引越し当日の食事は簡単なもので済ます

引っ越し当日の朝ごはんを作るから炊飯器にポット、調味料や調理器具も残しておこうと考える人もいるかもしれませんが、できることなら当日の食事としておにぎりを握っておいたり、コンビニ弁当など簡単なものを用意しておき、調理器具なども荷造りを終えてしまっておいたほうが理想的です。

 

荷造りに失敗してしまうケース

あとから「こうしておけばよかった」と後悔することが多いケースとして挙げられるのが、
ひとつの段ボールに詰め過ぎてしまった例が挙げられます。

 

重いものは小さめの段ボールに詰めるようにしましょう。
本なども大量に段ボールに詰めてしまうとかなり重くなるので、段ボール一箱の重量は
重いものでも15キロ程度に抑えておくのが理想的です。

 

引っ越し費用に余裕があるということであれば、引っ越し業者のおまかせパックを利用し、荷造りをお願いするのもいいですね。
荷解きまでお願いできるコースであれば、前の住居と同じような配置になるよう荷解きを行ってくれるので、どこに何があるのか分からなくなってしまう心配もありません。

 

ただ、オプションコースを選択すると費用が高くなってしまうことが多いので、
各引っ越し業者をしっかり比較し、どこを選ぶのかよく考える必要があります。
引越し侍という一括見積もりサービスを利用すれば、簡単入力、最短1分で見積りができます。

一括見積もりは早めに済ませておこう

引っ越しをする際には、引っ越し業者を利用する人が多いですよね。
ですが、どの業者を選択するかによってサービスの品質だけでなく、費用にも大きな違いがあります。

 

引っ越しをするとなると荷造りに追われて引っ越し業者の比較がおろそかになってしまうことがありますが、できることなら引っ越し業者の比較もしっかり行っておきましょう。

 

必ず行っておきたいのが、一括見積もりサービスの利用です。
ひとくちに引っ越し業者といっても、どの業者を選べば自分が得をするかというのはなかなかわかりませんよね。テレビで有名なところを選択すれば必ずしも費用を安く抑えることができるとは限りません。
なぜなら、引っ越しの条件や荷物量が違うだけで引っ越しにかかる費用は大きく異なってくるからです。

 

引っ越し侍というサイトを活用すれば、一度の見積もり作業で複数引っ越し業者に見積もり依頼をすることができます。

 

適当に引っ越し業者を選んだ場合に比べ、大幅に費用を抑えることができるはずです。
また、各社から届いた見積もりを確認することにより、価格交渉もしやすくなります。

 

費用を抑えて引っ越しを済ませたいと思っている場合も一括見積もりサイトの利用は必須だと言えるでしょう。
以下に一括見積りサイトを紹介しますので、参考にしてみてください。

 

引越し侍/株式会社引越し侍(侍)


簡単入力で10社まで無料見積りができます。
全国190社以上の業者と提携しているので自分に合った業者を
見つけやすい!利用特典が満載なのも嬉しいですね。

 

引越し価格ガイド/株式会社引越し侍(侍)


引越業者の紹介件数、1,124万件以上の実績があるから安心。
見積比較で最大50%安くなることもあります。
引越し料金を倹約するなら見積もりスタートです!

 

ただで運ぶゾウ引越し見積もり/株式会社グランドツー


あなたに代わって見積もりを代行してくれます。
チャットでのやりとりなので値切り交渉も言いやすい。
契約するまで引越し業者に個人情報は渡さないので安心です。